スピリチュアル自動日記

スピリチュアル.悟り.瞑想.についてメッセージを発信します

現代のブッダたち

仏教の経典はブッダの死後になって書かれ始めましたブッダが生きている時は口伝えや暗唱などにより情報伝達が行われていたようです また偶像を拝むことも禁止されていましたが死後、数百年後から仏像が作られ始めました 仏教の構成の面白さは まず、現実の詳…

明晰夢と覚醒

夢の中で「あ、これ夢だ」と気付いたことはありませんか? それは明晰夢というものです この明晰夢体験はしたことがない人もいるかも知れませんが偶発的にこれが起こると私たちは、少し面白い体験を味わうことが出来ます 夢の中で「これは夢だ」と判るとその…

新型コロナと覚醒とアビガン

新型コロナウイルスの特効薬として富士フイルムが製造をしているアビガン(ファビピラビル)が効果を上げています 4月18日におこなわれた日本感染症学会シンポジウムでは新型コロナウイルス感染症の軽症と中等症の9割重症患者でも6割が2週間後に症状が…

個人性が薄くなった感覚

スピリチュアルを追求している人たちや瞑想をしている人たちの中には 最近「自分の個人性が薄くなっているな」と感じてきている人たちも多いのではないでしょうか 常時薄い訳でなくても 自分の個人性の濃淡が感じられるその濃淡が変動しているのがわかるとい…

悟りの地図

悟りの地図はとてもシンプルですそのルートを説明します まず、「意識」がある事を感じますそして、その意識世界の中に「私」という「区切り」がある事に気付きます 次に、その「区切り」はただそう思っているだけの想念だと知ります 今住んでいる土地を自分…

覚者の盲点

「私は、まだ救われていない」と感じる人は多いでしょう 今が苦しいから、憂鬱であるからスピリチュアルの中で解決策を探します キリストにしてもブッダにせよ人々を救うために行動していましたなので、それらの潮流に期待してしまう事は当然です ただ、これ…

過去の最悪な出来事を浄化する

多くの人は、過去にトラウマを抱えています それは、とても厄介で忘れたいと思っても忘れられず鎖となってあなたの人生を制約します ややもすればそれらを思い出し、そのたびにネガティブな感情に浸るのが人生の裏テーマのようになってしまいます 親に虐待を…

幻術に支配された世界とアセンション

世界は概念という幻想に支配されています その概念とは所有や貨幣という概念と自他という概念です 土地を所有している人もいますが元々土地には、どこを探しても名前は書かれていませんし土地を代々受け継いだ人も元を辿れば、無人の土地に縄を張ったか他人…

自動人形を見つける

スポーツをしていて調子が良い時自分の一つのプレイを「まるで身体が勝手に動いている」と感じた事はありませんか? または、舞やダンスを踊っている時楽器を演奏している時なども「自分が自動で動いている」と感じた事はありませんか? または上司への定例…

追い込まれていると感じる時

私たちは「自分が追い込まれている」「急き立てられている」と感じる時があります 時間に追われている仕事に追われている人間関係でも、なぜか要求ばかりされる指図ばかりされるなんだか、お金ばかり請求されるいろいろな持ち物が次々壊れていく これらを感…

日常に現れる悟りの欠片

長時間、家族や友人と口論をしているとその怒りの持続が徐々に困難になっていきやがて、なぜか笑がこみ上げてくるような場合があります そして、その笑いは相手に伝染し二人して笑ってしまいます ちょっと微笑ましい何気ない日常ですがこの時、俯瞰が起こっ…

ユーモアがすべて

ユーモアのセンスに欠いたこのブログで「ユーモアが全て」と題して書くことはやや滑稽ですがそこはユーモアだと思って受け流してください さて本題ですスピリチュアルを追求しているととても清浄で清廉であっても少し張り詰め過ぎた雰囲気になってしまうこと…

親との関係性と浄化

親との関係性は良い意味でも悪い意味でもとても根深いものがあります 生まれたてのあなたが生きていく為には親とコンタクトを取らなければなりません 無垢な笑顔で親を喜ばせて親の機嫌を取ったり泣いて親の注意を引いたりします しかし、親の人格は千差万別…

二重の夢から醒める

夜、夢の中では、全てが本物でそのストーリーに嘆き、悲しみ楽しみます 一つの夢を見ている時間はかなり短いと思われますがそこに登場している人物や事柄はそれぞれが過去や歴史やバックボーンを持っていて長編のストーリーであることも珍しくありません と…

奇妙な体験から気付いたこと

20代後半の頃の体験です 勤めている会社の勤務が終わり会社を出てすぐの大きな国道を跨ぐコンコースを歩いていました 時刻は20時過ぎだったと思います その駅前のコンコースはかなり広い歩道橋のようなもので見晴らしが良いためか所々にカップルやグループ…

幸福と苦しみの正体

マインド(心)に支配された通常の状態から解放され突然、覚醒してしまう人達がたまにいます その人達の感覚はその過程やその状態によっていろいろと違いがありますが一つのパターンとして、その時「笑い転げてしまう人達」がいます その人達は、だいたい「…

共感覚を解放する

共感覚というものがありますその感覚を持っている人は音楽に色彩を感じたり数字に色を感じ、味覚を触覚で感じ感情を色や味で感じたりします とても不思議な能力ですが私達の殆どは、それを持っています 例えば人に会った時などはその人のムードのようなもの…

東京オリンピックと勇敢な女性たち

新型コロナウイルスの影響のため2020東京オリンピックの開催は危ぶまれています そして東京五輪の聖火ランナーの第一走者に決まっていた元サッカー女子日本代表の澄奈穂美さんが、それを辞退したようです またJOC(日本オリンピック委員会)の中でJ…

幸運の女神は前髪しかない

レオナルド・ダヴィンチの言葉で「幸運の女神は前髪しかない」というものがあります これは幸運やチャンスが訪れた時は素早く決断をして行動をしその女神の前髪を掴めば幸運を獲得できる 逆に、躊躇してすれ違ったあとでは女神には後ろ髪がないのでもう掴め…

もう一度生まれる

君は一度生まれましたがある時から閉じ込められています いま、君が自分だと思っているものはあなたではありません 君の性格はあなたの性格ではありません 君の見ている風景もあなたが見ている訳ではありません あなたが生きていたのは身体が生まれてからの…

スピリチュアルの憂鬱

スピリチュアル探求や瞑想を続けていると、ある時「ある程度わかってきた」と思える時期がきます ですが、そんな時にはなぜか、憂鬱や虚無感などを感じてしまいます それは「私」という幻想が消えた時その個人に紐図けられていた苦しみや悲しみから解放され…

サードアイを開くと好意を持たれる

スピリチュアル界隈ではたまに第三の目とかサードアイとかの話が出ます 「サードアイを開く」なにやら魅力的な響きですが超常的な何かというものでもなく松果体がどうのという訳でもなくこれは、感覚的コツのようなものです もう既に、皆さんは持っています…

誰もいない世界

「私は、なぜ私なのか」 という問いがありますこれは、人間が考えさせられるかなり根源的な難問の一つです 世の中にはイケメンも大富豪も天才も沢山いるのに僕は、なぜその人達の担当ではなくてなぜ、僕の担当なのか?と、いう疑問です 不思議です 世界の中…

コロナウイルスと覚悟と覚醒

2/25日の「コロナウイルスと精神性」 という記事では いま、日本では 新型コロナウイルスの危機に際し 3.11の時と同じような感じの 自然発生的な瞑想が 今回も各地で起こっている そして、それは 覚醒やその胎動であるのではないか という内容を書きました …

犀の角のようにただ独り歩め

気分がひどく落ち込むことは誰にでもあります やる気も無く、力が入りません「もうどうでもいいや」とか思ってしまいます 落ち込んでいる最中はその鉛のようになった身体を持て余します 少し元気になったとしてもその元気がイライラに変化し出口を塞ぎます …

現実を創造した時の感覚

引き寄せの法則や現実創造などの考え方は日本では、2007年頃から広まってきているようです この考え方の説明などはやや独特なムードを持っていますそして、スピリチュアルな分野とも少し違いますが 真理は含んでいると思います 意識が現実を作っているという…

空の器はゾーンに入る

スポーツなどする人は「ゾーンに入る」という経験をした人が案外多いのではないでしょうか それは実力が全国クラスでなくとも体験することができます 対戦相手の動きが、ゆっくりに感じたり自分が動こうとする前に自動で自分の身体が動く感じです これは、芸…

コロナウイルスと精神性

今、世界や日本では新型コロナウイルスの不安が広がっています このウイルスは少し強いインフルエンザのようなものだと言う人もいますが もしそうならば体面をとても気にする中国が都市閉鎖などする筈はないと思います ただ、スペイン風邪の時のように地域に…

ワンネスを出現させる瞑想

人は誰でも嫌いな人がいたりします 会社の所属部署や学校のクラスでも一人か二人の嫌いな人はいると思いますし電車などに乗っている時でもなぜか妙に気に入らない人を見つけてしまったりもします そこでこの嫌悪する人を使って瞑想してみます この瞑想に使う…

食物連鎖とスピリチュアル

子供の頃は、神様のことをダメな奴だと思っていました なぜならいつも食卓に生き物の死骸が出てきていたからです 食事、それは動物や植物の死骸を調理したものですそして、それらを食べないと自分が死んでしまいます 人間だけではなく自然界を見ても動物たち…