スピリチュアル自動日記

スピリチュアル.悟り.瞑想.についてメッセージを発信します

本当の愛

「愛」という言葉は
世間に、あふれています。
皆、割と気軽にこの言葉を使っています。


誰々を愛する
愛がある
愛がない
愛妻弁当
愛犬家
愛車


こんな感じで、色々と使いますよね。
これ以外にもまだまだ沢山あると思います。


そして、この普段使いの「愛」には
その使い方に特徴があります。
これらには、常に目的語があるのです。


彼氏を愛するとか、娘を愛するとか
伝統を愛するとか、歌を愛するとか


普段使いなら良いのですが
スピリチュアル的に言うと
この「愛」は偽物です。


彼氏を愛するという事は
彼氏以外はより愛さないという事。
自分の娘を愛するという事は
他人の子供はより愛さないという事です。


ここで使う「愛」は「優遇」や「優越」の
意味で使われています。
つまり、同時に「冷遇」と「劣後」を
作り出してしまうのです。


「愛」というやけに立派な名前を
使っている割には
中身はかなりジャッジメント的ですし
愛とは似つかわしくない副産物を産出しています。


しかし、これは当然なことで
「優遇・優越」は、実は
「自我」や「マインド」や「こころ」の
主食なのです。


そして、通常、私たちは
「自我」や「マインド」や「こころ」に
乗っ取られた状態ですので
これらが、大好物をやり取りするのは
当然という訳です。
ファントム同士が、美味しいエネルギーを
やり取りしている感じですね。


このファントムが
私たちを乗っ取っている詳細については
「こちら」を見て下さい。


そして、このファントムの彼らは
スピリチュアル的な真の「愛」を
与えられたとしても、まったく嬉しく
ありません。
与えられても、食べ物に感じられませんし
食料と思えても、とてつもなく薄味で
美味しく感じません。


でも、スピリチュアル的な幼生期が
終わろうとしている人たちは
少し事情が違ってきます。


普段使いの「愛」に少し違和感を覚える
ようになります。
「ん?」みたいな感じで
そして本当の「愛」に興味が出てきます。


では、本当の「愛」とはどんなものでしょうか?


本当の愛は、目的語を持ちません。
「ただ愛」で単独で存在します。
あえて言うなら、
「ジャッジの無い光」「判断しない認識」
と、言えるかもしれません。


しかしこの愛は、最初の印象が
あまり良くありません。
はっきり言えば「無味乾燥」です。
それは普通の「沈黙や静寂」です。


マインドが見る風景として
「全てを愛している愛」は
「何も愛していないもの」として
捉えられてしまうのです。


その本当の愛を、無味乾燥なものと
見せている一番の障害は
「私」という個人性の幻想です。
「個人性」を持つものは、
全てを愛するということが
理解できないのです。


そして個人性の幻想を心底見破り
私が消失した時
「本当の愛」と同じ地平に立つことが
出来ます。


そしてその時
パラダイム転換が起こります。


それが起こると
今まで無味だった
「沈黙や静寂」や「本当の愛」が
輝きだします。


何の意図もなく判断も裁定もしないそれ
けして喋らず、何の行為もないそれが
陽光のように数多のものに
分け隔てなくそそぎ
寄り添っていることが解ります
それは、恩寵や祝福と
感じられるかも知れません


最初それは、特定の人の瞳から感じたり
特定の出来事から感じたりするかも
知れませんが
やがて何処にでも遍在することを知ります


その聖なる食糧を食べられるようになると
幸福の感じ方が変わってきます。


今までは「自我」や「マインド」が
「優遇・優越」を食べて幸福を感じて
いましたが
それが、少し昔の事のように感じられ
子供の時に
とても好きだった食べ物や遊戯に
興味が無くなるような感じになります。


そして
「愛」という名の聖なる食糧の味は
自我が好む高揚感を伴った幸福味でなく
形容できないほどの繊細な安心感といった
感じの味なのです。


どうですか?
本当の愛、美味しそうですよね。


しかし、
本当の愛を知ってそれで満足して
至福を得るのもいいですが


その「本当の愛」で
少し人間的に
そして、スピリチュアル的に
愛する人や大切な人と繋がりたい
という人もいるかも知れません。


その方法については
「愛する人と本当に繋がるには」
で書いています。

 

補足になりますが
身体が生きているうちは
聖なる食糧だけでは足りません。
ファントムの「自我」や「マインド」も
本来は身体を守る小さな妖精なので
この子達の食糧も必要なのです。